最近のトラックバック

« 主イエス・キリストの十字架での死を覚えて | トップページ | キリストの御恵み »

陛下の御辛苦に感謝して

天皇陛下が、今日17時過ぎ、退位を正式に、
内外に宣明された。

まもなく、平成の御代が終わる。

この30年間、まさに全身全霊で
天災などの罹災者を慰め、
過去の戦禍でむごたらしく亡くなられた方々を慰霊され続けた。

平成の30年、決して「栄ゆる安けき御代」ではなかった。大震災、近年の惨めなまでの政治の堕落などきりがない。

しかし、そんな中、陛下は懸命に
御自身に課せられた責務を果たされた。

国民の一人として、心から感謝申し上げたい。そして、陛下を一人の人間として、尊敬していることも述べておきたい。

また忘れてはならない。
陛下も私達の尊い隣人であり、
主なる神の御慈愛の対象であるという事を。

« 主イエス・キリストの十字架での死を覚えて | トップページ | キリストの御恵み »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

「この30年間、まさに全身全霊で天災などの罹災者を慰め」とおっしゃっていますけど、その行動自体が天皇夫妻の想像力のなさを示しているのではないでしょうか?
東日本大震災で被災者を訪問したことなどが広く報道されましたが、避難所生活を送る被災者にとって、多くの警備を引き連れた天皇夫妻が来ることがどれほど迷惑か想像できないのでしょうか?
天皇夫妻の周りには、そう忠言する人はいなかったのでしょうか?
もしくは、被災者にとって迷惑であることは重々承知のうえで行ったのでしょうか?だとすると何のためでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 主イエス・キリストの十字架での死を覚えて | トップページ | キリストの御恵み »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ