最近のトラックバック

« 矢内原忠雄「田村清君のクリスマス」 | トップページ | 秋の週の始めに »

祈りと願い

祈りを捧げます。
天にまします慈しみ深き主イエス・キリストの父なる神さま。
昨日、我国は悲惨な戦争に敗北してから73年目を迎えました。

我国で、そして我国が惨害を齎した諸外国で
余りにも多くの生命が喪われました。

どうか、その人々の苦しみ、絶望、恐怖、涙を御許にて
拭い去ってください。地上に遺された人々の悲しみを癒してください。
そして、生命を落とした人々と地上に遺された人々が御許にて
喜びのうちに再会することができますように。

我国は、私たちは余りにも多くの罪を犯しました。
平和を愛する同国民、そして諸外国の人々に対して。
御前にひれ伏して祈ります。どうか我等の罪をお赦しください。
あらたにあなたに在って平和を愛し、その実現に向けて日々たゆまず尽力する国、国民と
ならしめてください。永久の平和を我等に、この世界に来たらしめてください。
この祈り、主イエス・キリストの聖名を通して御前にお捧げ致します。
アーメン。

« 矢内原忠雄「田村清君のクリスマス」 | トップページ | 秋の週の始めに »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祈りと願い:

« 矢内原忠雄「田村清君のクリスマス」 | トップページ | 秋の週の始めに »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ