最近のトラックバック

« 生命を与えられていること | トップページ | 汚穢下賤の身にして »

北朝鮮のこと

心憂きことである。

残虐な独裁者・金正恩と、恣意のまま動く大統領トランプ。

言わずもがなだが、戦火が起きれば、数多の人間が命を喪う。
我国においても。

私にとっても、自らの生命だけでなく、信仰、非戦主義の試練の時である。

平和な時に非戦主義を叫ぶのは容易いのだ。
戦時に於いてなおそれを貫くのがどれだけ難いことか。

 「いのり」
       矢内原忠雄

主よ、いまだ
御救ひは?
地荒れて
人は叫べり。

西のかた
夕焼す、
主よ、戦を
終らせ給へ。


« 生命を与えられていること | トップページ | 汚穢下賤の身にして »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のこと:

« 生命を与えられていること | トップページ | 汚穢下賤の身にして »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ