最近のトラックバック

« ここのところ更新が2か月近く滞っていました | トップページ | 実に今年初の更新となります 「上つ方」の不正蓄財について少し »

生きていく

日々の仕事に忙殺され、ここを更新すること甚だ少なくなりましたが、この享安山人、生きております。

我国は余りにも大きく様変わりし、憂うべきことばかり積み重なっていく状況です。
防衛費はついに来年5兆円を越えるとか。

昭和のはじめに、時局に触れること少なかった高倉徳太郎牧師が軍事費の増大を憂慮する言葉を「何たることか」と珍しく激しい口調で、教会の説教において遺しています。そのことを今朝の新聞を見て思い起こさざるを得ませんでした。

そんな中で、今日は25日のクリスマス当日を控えての日曜礼拝。多くの教会が今日をクリスマス礼拝日として祝ったことでしょう。

願わくは、「クリスマスなど知ったことか。自分には何の関係もないことだ。」と思う人、今現在、苦しみ、悩んでいる人々、絶望の中にいる人、生死の境にある人にこそ、主なる神の御恵みがありますように。そして苦しみの中、命を喪う人にこそ、神の憐れみが注がれますように。

« ここのところ更新が2か月近く滞っていました | トップページ | 実に今年初の更新となります 「上つ方」の不正蓄財について少し »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きていく:

« ここのところ更新が2か月近く滞っていました | トップページ | 実に今年初の更新となります 「上つ方」の不正蓄財について少し »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ