最近のトラックバック

« 私の属する教会を建ててくださった牧師先生の言葉 | トップページ | 「代償」を払うのは誰なのか? 安保法制に関する与党合意に抗して »

菅野マナミさん作『ひまわりさん』第5集

最近とにかく疲れているのですが、そんな私に癒しをもたらしてくれる良作の漫画を紹介します。

菅野マナミさん作『ひまわりさん』第5集(メディアファクトリー)です。

主人公といえる女子高校生まつりと、
彼女が慕ってやまない、とある書店の若き女性店主「ひまわりさん」の交流を中心に描いていく作品です。

登場人物皆に、相手を思いやる優しい気持ちがあり、それが温かな展開を生み出しています。
どの話も温かさと共にほんの少しだけ哀感も混じっています。

私が今回とりわけ好きだったのは、第5集最後のお話でした。

写真家になる夢を抱きつつ、夢を実現できなかった女性、あやめさんと
「ひまわりさん」の心の触れ合いを描いたものです。

物語だけでなく、丁寧で綺麗な絵も魅力となっています。

書店には余り数を置いていないようですが、興味を持たれた方は是非ご一読ください。

« 私の属する教会を建ててくださった牧師先生の言葉 | トップページ | 「代償」を払うのは誰なのか? 安保法制に関する与党合意に抗して »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅野マナミさん作『ひまわりさん』第5集:

« 私の属する教会を建ててくださった牧師先生の言葉 | トップページ | 「代償」を払うのは誰なのか? 安保法制に関する与党合意に抗して »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ