最近のトラックバック

« 洞爺丸事故を連想しました | トップページ | とても人に真理を語る資格は無いわたしです それでも・・ »

命あるものの地にある限り わたしは主の御前に歩み続けよう。

命あるものの地にある限り
わたしは主の御前に歩み続けよう。
わたしは信じる
「激しい苦しみに襲われている」と言うときも
不安がつのり、人は必ず欺く、と思うときも。
(旧約聖書詩編第116章9-11節)

わたしの格別愛する聖句です。
苦しいとき、天を仰ぎたくなるとき、この聖句で自らを励ましています。

« 洞爺丸事故を連想しました | トップページ | とても人に真理を語る資格は無いわたしです それでも・・ »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 命あるものの地にある限り わたしは主の御前に歩み続けよう。:

« 洞爺丸事故を連想しました | トップページ | とても人に真理を語る資格は無いわたしです それでも・・ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ