最近のトラックバック

« 「カトリックはフスを焚いた。・・・プロテスタントもセルヴェトゥスを焚いた。」 大西巷一さん作『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』(双葉社)の紹介 | トップページ | 水平社博物館を訪ねて 「下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪はれの夜の悪夢のうちにも、なほ誇り得る人間の血は、涸れずにあつた。」「吾々がエタである事を誇り得る時が来たのだ。」「人の世に熱あれ、人間に光あれ。」 »

この世にはあまりにもつらいことが多すぎます

わたし自身のことではなく、職場の年輩の方の御家族について悲痛なことがありました。
命は取り留めましたが、一生歩けなくなるかもしれない、
心を病んでいるとのことで最初はいくつかの病院が救急車の受け入れを拒否して
病院に着くまで一時間かかった、と。

この世には余りにもつらいことが多すぎます。悲しいですね。

« 「カトリックはフスを焚いた。・・・プロテスタントもセルヴェトゥスを焚いた。」 大西巷一さん作『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』(双葉社)の紹介 | トップページ | 水平社博物館を訪ねて 「下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪はれの夜の悪夢のうちにも、なほ誇り得る人間の血は、涸れずにあつた。」「吾々がエタである事を誇り得る時が来たのだ。」「人の世に熱あれ、人間に光あれ。」 »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

追記:この方は幸い一命をとりとめ、且つ現在はリハビリに取り組んでおられるとのことです。不幸の中にも明るいきざしがあり、すこしほっとしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この世にはあまりにもつらいことが多すぎます:

« 「カトリックはフスを焚いた。・・・プロテスタントもセルヴェトゥスを焚いた。」 大西巷一さん作『乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ』(双葉社)の紹介 | トップページ | 水平社博物館を訪ねて 「下らない嘲笑の唾まで吐きかけられた呪はれの夜の悪夢のうちにも、なほ誇り得る人間の血は、涸れずにあつた。」「吾々がエタである事を誇り得る時が来たのだ。」「人の世に熱あれ、人間に光あれ。」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ