最近のトラックバック

« 「全人格を傾けたる真心の一言を吐け」 2013年・平成25年を終えるに当たって | トップページ | 「われ信ず。信仰なき我を助け給へ」 »

新年を迎えました 多難な一年となるでしょう

2014年・平成26年を迎えました。

仕事も既に二日目。はや疲労しております。暑さには駄目でも、寒さには強いと自負していた、北海道で11年間過ごした享安山人ですが、寒さが身体にこたえる年齢になりました。

今年がどんな年になるかはわかりません。公私共にさまざまな苦難もあるでしょう。職場の上司曰く、「今日はうちの厄日だな」と。新春二日目にしてさまざまな問題に遭ったわが職場です。

我国でも外国でも多難でありましょう。帰宅途中読んだ歴史書にあった満洲事変前後の軍部の宣伝活動に、今の時世を重ね合わせたりもしました。「それらしい数字」を何度も示して信頼感を持たせる手法など「なるほど、こうやって民意を誘導するんだなあ」と「感心」しきりでありました。

わが信仰する主なる神に依り頼みつつ日々を歩んでいければと祈ります。

« 「全人格を傾けたる真心の一言を吐け」 2013年・平成25年を終えるに当たって | トップページ | 「われ信ず。信仰なき我を助け給へ」 »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

年が明けて、もう1週間経ちましたね。

今年はどんな一年になるのか、嵐の予感の方が大きいですが、
  しかし、わたしは恵みを彼からもぎ取らず、
  わたしの真実を偽らない。
と仰る神様。
キリストを信じる者は、心の平和は奪われることはない。
世に打ち勝たれた主を信じ、今年も歩んでいきたいです。

主にあって佳い一年となりますように。

愛希穂様、こんばんは。

世の中を、そして国の外を見ても、残念ながら良いことより悪しきことの多い一年となりそうです。しかし、自分の身に、あるいはこの国に、世界に悪しきことが起こっても、最後は主なる神の御経綸がすべてを良き方へ導いてくださるのだと信じていきたいです。「わたしは誰の死も喜ばない。お前たちは立ち返って、生きよ」とエゼキエル書で仰せになった神さま、一人も滅びることをお望みではない神さまに信頼して、歩み続けようと思います。

今年も宜しくお願い致します。主の御恵みが豊かにありますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年を迎えました 多難な一年となるでしょう:

« 「全人格を傾けたる真心の一言を吐け」 2013年・平成25年を終えるに当たって | トップページ | 「われ信ず。信仰なき我を助け給へ」 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ