最近のトラックバック

« 終戦の日を前にして | トップページ | 感慨を覚えた言葉 »

また8月15日がやってきました

戦後68回目の終戦の日がやってきました。

天にまします主イエス・キリストの父なる神さま
主に対して、隣人に対して日々罪を犯すことが
御目に隠れなき者より拙き祈りを捧げます。

どうか先の戦争の惨禍で命を喪ったすべての人に
あなたにある安息を賜りますよう切に願います。
耐え難いむごたらしい惨禍で命を喪った人々を憐れんでください。
そして先の戦争で国家を、民衆を、教会を導く立場にあった人々の罪責を覚えます。
どうかそのような人々にも憐れみを。御前に伏して祈ります。
主の十字架上の贖いの故にお赦しください。
ただあなたの哀れみを乞い願うほかない私どもです。

わが国が、私を含めたわが民族が過去、現在に
他国の、他民族の人々に与えた耐え難い苦しみを覚えます。
どうかお赦しください。
またわが国が、わが民族が蒙った惨禍を忘れることなく、
同時に他者を赦しつつ、憎しみを煽ることではなく赦しと和解によって
他者と共に歩んでいけるようお導きください。

この拙き祈り、主イエス・キリストの御名によって御前にお捧げいたします。
アーメン。

« 終戦の日を前にして | トップページ | 感慨を覚えた言葉 »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また8月15日がやってきました:

« 終戦の日を前にして | トップページ | 感慨を覚えた言葉 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ