最近のトラックバック

« 本日、教会の平和懇談会を終えることができました | トップページ | また8月15日がやってきました »

終戦の日を前にして

第二次世界大戦関係の何冊かの書物に同時並行的に
目を通しています。

平和こそ尊いのだ、そして当局の言う平和とは真の平和ではない、
そのように言うべきことを言った人間の勇気の素晴らしさと
それがこの世では容れられることなく空しく消えていった残酷さを
同時にかみしめています。

※戦時下に当局の唱えた「東洋平和」と矢内原忠雄が叫んだ平和とは
まさに似て非なるもの、その隔たること最たるものでありました。.

« 本日、教会の平和懇談会を終えることができました | トップページ | また8月15日がやってきました »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦の日を前にして:

« 本日、教会の平和懇談会を終えることができました | トップページ | また8月15日がやってきました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ