最近のトラックバック

« 聖書を通じた信仰による生き方と『菜根譚』での明哲保身の生き方の違い | トップページ | 嬉しかったことと残念だったことときつかったこと »

沖縄慰霊の日

今日、6月23日は沖縄慰霊の日です。
沖縄戦におけるわが軍の組織としての抵抗が
(将兵と民間人の戦いはまだ続きます。ただしそれは米軍にとっては「掃討戦」でした)
第32軍司令官牛島満中将と参謀長長勇中将の自決によって
凄惨な終結を迎えた日です。

戦後生まれの私が何かを語るよりは『鉄の暴風』などの史書、戦記を読んだほうが
よいでしょう。おそらく殆どの方が言葉を喪うはずです。
事実を知りつつなお戦争を謳歌する者は禍害なるかな、です。

主がこの戦禍で命を喪った人々をどうか憐れまれますように。
救いを賜りますように。祈る以外術を知らない私です。

付記
今上陛下は、この日と、広島への原爆投下の日8月6日、
長崎への原爆投下の日8月9日、そして終戦の詔書が国民に告げられた8月15日を
ご一家黙祷の日と定められていると聞きます。

あまりにも悲惨な先の戦争でした。昭和天皇が負われたものを、余りにも重いものを
次代の天皇として引き受けていかれるご覚悟なのだと思います。

« 聖書を通じた信仰による生き方と『菜根譚』での明哲保身の生き方の違い | トップページ | 嬉しかったことと残念だったことときつかったこと »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄慰霊の日:

« 聖書を通じた信仰による生き方と『菜根譚』での明哲保身の生き方の違い | トップページ | 嬉しかったことと残念だったことときつかったこと »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ