最近のトラックバック

« 新保祐司・都留文科大教授の年頭論考に思う | トップページ | 遊行寺たまさん作『+C sword and cornett』完結の感想 »

ヘブライズム

7日(月)まで休暇なので、ここ幸いと外出する日々です。

今日は古書店でスイスの牧師・ヴァルター・リュティの記した
『アブラハム-教会のための創世記講解2』を入手。
以前購入した『サムエル』と併せて手元にあるリュティの著書は
これで2冊目になります。

言うまでも無くナザレのイエスもパウロもペテロもユダヤ人です。
レッドバロンさんが批判的に言及されたヘブライズムですが
そこに私は自らの人生と希望を託するものです。

« 新保祐司・都留文科大教授の年頭論考に思う | トップページ | 遊行寺たまさん作『+C sword and cornett』完結の感想 »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘブライズム:

« 新保祐司・都留文科大教授の年頭論考に思う | トップページ | 遊行寺たまさん作『+C sword and cornett』完結の感想 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ