最近のトラックバック

« 「うたてしやな」 | トップページ | 秋の一日に思うこと 恵みと罪責への向き合いと »

ある人からのコメントを全削除します

天皇皇后両陛下に対して明らかな誹謗中傷を繰り返してきた
ccplaza氏のコメントを私・享安山人の責任において
全削除することにいたしました。

私は、たとえ「天皇制」に反対の思想であっても
皇室の方々を自分と同じ人間として尊重し、揶揄嘲笑するのではなく
真剣に「天皇制」を批判するのであればその人の思想の自由は
守られるべきものと考えます。

私はその人(自称・在日朝鮮人のボクサー)に誠心誠意当たってきたつもりですが
返ってきたのは愚弄の言葉の連続でした。

ましてや人間としての両陛下を誹謗し、ひいてはそれが
その誹謗中傷をここで見る人々に対し
「在日朝鮮人ってこんな風に考えているんだ。私たち日本人と『共生』なんて
無理じゃないか」との印象をもたらすのであれば、
それは私の望む所ではありません。

極めて残念なことですが、ここにご報告します。

« 「うたてしやな」 | トップページ | 秋の一日に思うこと 恵みと罪責への向き合いと »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

享安山人さん、お手数でございました。

某朝鮮人のした事は所謂「あらし」行為の中でも最悪のものでした。最も迷惑するのは日本の社会で協調し、まっとうに生きている韓国・朝鮮出身の人々です。やむを得ざる措置であると存じます。

それにここは享安山人さんのお庭です。享安山人さんが大切にされているキリスト教と皇室に対する敬意を欠く発言、ましてや、口汚い誹謗や悪意に満ちた中傷は許されるものではありません。勿論、真剣な疑問や批判を寄せる人に対しては、享安山人さんはこれからも誠実にお応えになるでしょうけれど。

9・11の後、非常に考えさせられたことがあります。それは例のグランド・ゼロ(名称は不快ですが、その問題は脇に置いて)すぐ近くにイスラムのモスクが建設される話が持ち上がった時のこと。賛否両論というよりは、ニューヨーク市民の世論が沸騰しました。しかし、これはなるほどと思ったのは、合衆国憲法及び法律では建設を拒む理由はないが、しかし、アメリカの国柄(キリスト教・プロテスタント)への配慮は必要なのではないか、という意見があったことです。アメリカがいかに法律万能の国会とはいえ、ルール以外にマナーやエチケットが働かないければ、文明社会は崩壊してしまいます。

同様に ビンラディンのアメリカに対する憤激の理由の一つが、サウジのイスラムの聖地近くで、彼らからすればアメリカの女性兵士が半裸の姿で徘徊したということでした。…アメリカ兵からすれば普通のTシャツ姿で歩いていただけなのですが…。

「神聖感覚」の違いは時には恐ろしい結果をもたらします。気をつけねばならぬことだと思いますね。日本の近くの彼らはその一線を越えてしまいました。資源や土地より何より、絶対に犯してならないのは、その国の「価値」でありましょう。
これは日本人にも責任がありますね。昔、京大の高坂正堯教授が言っておりました。
「国家は利益の体系であるのみならず、価値の体系であり、道義の体系」なのだと。

後の2つが忘れられて久しいように思います。悪い意味で貴奴らも日本人化しているのですよ。

以上、蛇足ながらでした。

告知です。筆名(ハンドルネーム)もない投稿は、その投稿者の投稿ミスでない限り削除いたします。また、投稿の際、筆名(ハンドルネーム)は統一してくださるようお願いします。

>某朝鮮人のした事は所謂「あらし」行為の中でも最悪のものでした。最も迷惑するのは日本の社会で協調し、まっとうに生きている韓国・朝鮮出身の人々です。

「日本の社会で協調し、まっとうに生きている」とは、「日本に隷属し、自己主張しないで名誉日本人として生きる」という意味ですか?
それと一人の朝鮮人の言動が、どうして他の「韓国・朝鮮出身の人々」の迷惑になるのですか?
たとえば安倍首相が性奴隷強制連行を否定する発言をすると、海外にいる日本人が迷惑するのですか?

>しかし、これはなるほどと思ったのは、合衆国憲法及び法律では建設を拒む理由はないが、しかし、アメリカの国柄(キリスト教・プロテスタント)への配慮は必要なのではないか、という意見があったことです。アメリカがいかに法律万能の国会とはいえ、ルール以外にマナーやエチケットが働かないければ、文明社会は崩壊してしまいます。

まったく意味不明の主張なのですが?アメリカの国柄がプロテスタントだって?建国当初の時代ならともかく、現代なら教会に行く人の数も急激に減り続け、キリスト教の影響力がどんどんなくなっていっているのが現代アメリカですが?それにモスクを建設することがどうして「マナーやエチケット」に反するのか、まったくわからないのですが?説明していただけますか?

>同様に ビンラディンのアメリカに対する憤激の理由の一つが、サウジのイスラムの聖地近くで、彼らからすればアメリカの女性兵士が半裸の姿で徘徊したということでした。…アメリカ兵からすれば普通のTシャツ姿で歩いていただけなのですが…。

あなたはイスラームの女性抑圧を肯定されるのですか?他の書き込みから見て、あなたは人間理性を信じない保守反動主義者のように思われるので、女性抑圧をも「その国の『価値』」ということで肯定する、というわけですか?

人間理性を信じない人は、不合理でとても信じ難い教義をもつ宗教や、君主崇拝に逃げ道を求めます。人間理性を信じ、フランス革命に共感した若きヘーゲルの正反対の立場です。Joahim Ritter 『ヘーゲルとフランス革命』、Lukács György 『若きヘーゲル』などを読んでいただきたいものですね。人間理性が自らを揚棄するのが革命であり、国家の死滅する平等・自由の社会です。いまだにエドマンド・バークなどという反動思想家の影響をうけているとは哀れでなりません。

この「享安堂」を運営している享安山人と申します。

初めにお伝えします。先だって削除した某人(自称・在日朝鮮人ボクサー )の投稿は、我国の象徴であられる天皇陛下、そして皇后陛下を明らかに根拠無く誹謗中傷するものでした。よって私の責任において削除しました。さまざまな言論誌その他がこの国には山とありますが、ある意見が掲載にふさわしくないと思われる場合は運営者の責任において掲載しない自由もあるのです。自説をどうしても述べたい場合は、自分で無料ブログを開設するという手段もあります。

安倍首相の言説の正否がどうであれ、一国を代表する人間の言説は重いものです。そして、その人が「日本人」「在日朝鮮人」を前面に打ち出して何かを外国人に向かって主張するのであれば、同一国民がある程度その印象を以て見られるのもやむを得ないことです。それだけ「日本人として」「在日として」といった言説は対外的に重みを持ちます。

新潟県で拉致された横田めぐみさん。その拉致犯罪発生場所の横に「主体思想顕彰館」などを建てれば、という想像は出来ないのでしょうか。オサマ・ビン・ラディンはアッラー(神)の御名を悪用して大規模無差別テロを行いました。私はキリスト教徒の一人として、イスラム教徒ほか他宗教の人々との共存を切望していますが、「その国に長年根付いてきた宗教への尊重」なくして共存は出来ません。他ならぬプロテスタントの私が「人を神とする」点で神社参拝をしない一方、神社参拝をする方々の心はあくまで尊重されねばならないと考えるのもその為です。

他国を批判するのは自由ですし、私も幾度も行っていることですが、最終的に決定するのはその国の人々です。あがき、もがきつつその国の人々が切り開いていくしかないものです。北朝鮮の体制、その人権侵害は世界最悪級ですが、北朝鮮の民衆、或いは(もしいるとすれば、ですが)ゴルバチョフ氏のような良識のある為政者自身が苦闘しつつ改善していくほかありません。今こうして私が暖かい部屋で文章を綴っている間にも北朝鮮の基督者は迫害され、殉教していることでしょう。しかし、金正恩を打倒する為の十字軍を送り込むべきだとは思いません。私自身が同じく迫害を受けることを求められるかもしれませんが、その犠牲を他者に強要はできません。そして何よりコルベ神父、ボンフェッファー牧師の勇気を持てないことを今告白しつつ。

また思うに、左翼思想こそいまや化石と成り果てたのではないですか。日本では為政者の失点を探し出してそこに運動の軸を置くことで余喘を保っている状態です。人間の理性を越えたものにこそ私は救いを見出します。

>新潟県で拉致された横田めぐみさん。その拉致犯罪発生場所の横に「主体思想顕彰館」などを建てれば、という想像は出来ないのでしょうか。

あなた、「主体思想」なんていう言葉を使っている時点で無知がバレバレです。
http://chosonsinbo.com/jp/2012/04/juche/
「「主体」と翻訳せずに「チュチェ」と呼ぶのはなぜ?」というところを読んでください。
それに、新潟県にもチュチェ思想研究会はありますし、チュチェ思想の塔を建てても何ら問題ないと思います。拉致事件はチュチェ思想のゆえに起こったわけではなく、チュチェ思想を理解しない一部分子が起こしたものだからです。
それに、ビン・ラーディンが大規模テロを起こしたというのは、一切の証拠がありません。それどころか、911事件の直前の7月に、ビン・ラーディンはアラブ首長国連邦の米国系の病院に入院し、CIAと密会しているのですよ。すでにビン・ラーディンが国際指名手配されていたにもかかわらずです。CIAはビン・ラーディンと連絡を保ちながら、彼を訪問し、おそらく911事件の計画について話し合ったはずです。おそらく911以後もCIAはビン・ラーディンと連絡を保ち続けていたはずです。ビン・ラーディンは80年代以来のCIA工作員なのですから。

>北朝鮮の体制、その人権侵害は世界最悪級ですが、

その根拠はなんでしょうか?
人権侵害がまったくないとはいいません。しかし、たとえば持参金が少ないといって嫁をリンチ殺害するインドとか、不倫したら石打ち処刑、少しでも政治を批判すると秘密警察に暗殺されるサウジアラビアとか、アラブ系の人が軽犯罪で逮捕されたら「アラブの子どもが生まれないようにしてやる」と言って男性器への暴行をされる「イスラエル」とかと比べて「世界最悪級」でしょうか?
私の知人の開発経済学者は、世界80以上の国を訪問していますが、アフリカの貧しい独裁体制国などにくらべて、北朝鮮は人々の表情も明るく自由な雰囲気であったといっていました。

>左翼思想こそいまや化石と成り果てたのではないですか。

何を言っているのですか?現在の世界恐慌を、ブルジョア経済学が少しもまともに分析できないなかで、プロレタリア革命以外に将来がないことはますます明らかとなりつつあるではないですか?

こんばんは。

「チュチェ思想を理解しない一部分子が・・・」。なんと、金正日の弁解そのままですね。この言い訳が通用するのなら我国の過去の一切も「八紘一宇の精神を理解しない一部の軍人が」と説明できるでしょう。ビン・ラディン関連の言説はお粗末な陰謀論でしかありませんよ。話になりません。「彼の生涯が神の慈愛を反映するものでなかったことを悲しむ」と声明を出した米国人牧師の言葉には深く共感したものですが。

「インドとか」その論法ならば、我国の過去を「白人だって同じことをやっていた」と弁護することも十二分に可能ですね。私はしたくありませんが。

私の畏敬する矢内原忠雄は経済学者としてはマルクス主義者だったそうですが、経済学説と信仰、理想とは厳密に区別していました。革命というなら、北朝鮮や中国にこそ必要でしょう。

最後に。あなたの口吻は「在日朝鮮人ボクサー」と酷似しているのですが。違いますか?

最初に言っておきますが、私の専攻は哲学です。ですから、「チュチェ思想」を歴史的文脈の中で学び、その欠点の部分も理解しています。

「チュチェ思想」とは、宇宙論に「人間原理宇宙論」があるように、哲学における「人間原理哲学」です。エンゲルスは哲学の根本問題を唯物論と観念論の対立に置きました。しかしチュチェ思想はそれを否定して、人間を哲学の根本に置きます。これはチュチェ思想の強みでもあれば弱みでもあります。弱みというのは、容易に観念論へと転落する可能性を秘めているということです。

私の筆名は、私が尊敬している学者の名前です。これを検索しさえすれば、私がチュチェ思想支持者ではないことは自明だと思います。

>最後に。あなたの口吻は「在日朝鮮人ボクサー」と酷似しているのですが。違いますか?

私はその方から教わってここに来ました。私は兵庫県の大きな部落で生まれ育ちました。「大きな部落」といっても、戦前はそれほど大きな部落ではなかったのですが、戦後になってから日雇労働者や在日朝鮮人たちがたくさんやってきて大きくなり、暴力団との抗争で死者が出たこともありました。私の両親も、地区外からやってきた貧しい労働者でした。そして同和対策事業で、部落解放同盟と朝鮮総聯が共同して改良住宅の建設を要請して、当時としては近代的な団地が立ち並びました。しかし部落が消滅したわけではなく、部落民としての連帯意識はしっかりと残っています。小学校には同和担当教員が配置されており、その方から、「部落民として生きることは、部落民でなくなることをめざすことではない。そうではなくて、部落民としての誇りをもって、狭山差別裁判糾弾・反差別反天皇の闘いに決起することなんだ」と、部落民として生きることの意味を学ぶことが出来ました。そして小学校の全校朝礼で、「部落民宣言」をして、私の生き方を決めることが出来ました。

最後に、私の尊敬するメサローシュ教授の著書を紹介しておきますので、ぜひ読んでください。
http://www.kobushi-shobo.co.jp/book/b62624.html
社会主義か野蛮か アメリカの世紀から岐路へ

メサローシュ教授の名は初めて知りました。その翻訳書の出版社には正直かなりの抵抗を感じるのですが。

私は、「反天皇」には全く賛同できません。共和主義で差別を無くすことなど有り得ないというのを、世界中の歴史が既に立証しております。万民平等の共和国などどこにもありません。敬うべき伝統は敬ってこそ日本と言う国が成り立つものだと思っております。伝統を大切にした上で差別を無くす道も有り得るのですから。

思うに日本共産党の最大の失敗は「天皇制」を否定したことでしょう。コミンテルンの指示のままではなく、日本独自の皇室を中心とした共産主義を目指す、と打ち出せば国民の一定の支持も得られたかもしれません。

日本共産党が創立時に「君主制の廃止」(当時はまだ「天皇制」という用語はなかった)を掲げたのは、「コミンテルンの指示」によるものではありません。全世界どこの国であれ、君主制の打倒をめざすことは共産主義者の常識でした。
「日本独自の皇室を中心とした共産主義」などありえません。なぜなら、共産主義は全世界的規模でしか実現できないからです。(スターリンが「一国社会主義論」を唱え始めるのは1924年になってからです。)
共産主義社会では国境も民族もなくなり、全世界の万民が平等で自由な理性社会となります。

「日本独自の皇室を中心とした共産主義などありえません。」

こういう硬直した考えですから日本共産党はいつまでたっても「たしかな野党」でしかないのでしょう。最近はその「野党」としての存在感すらあやうくなってきました。より小勢力の左翼諸派に至っては論ずるまでもありません。

あなたがたのおっしゃる「共生」というのは、朝鮮人が天皇制を認め、「名誉日本人」になって生きることですね。
朝鮮人に天皇制を認めよ、というのはユダヤ人に対してナチズムを認めよ、とかムスリムに対して豚肉を食べよというのと同じです。あなたがたが無意識のうちにどれだけ深い差別意識を持っているかを真剣に反省すべきです。

ここに投稿の際には、必ずご自分の筆名等を明記して下さい。なお、筆名等は必ず統一したものでお願いします。

真摯な議論でないもの、私にはそれに費やす時間的、精神的余裕はありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある人からのコメントを全削除します:

« 「うたてしやな」 | トップページ | 秋の一日に思うこと 恵みと罪責への向き合いと »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ