最近のトラックバック

« ある絵を観て 神を棄てられなかった絵師 | トップページ | 三笠宮家の寛仁親王殿下が薨去されました »

教会の日曜学校の教師の一人になります

明日から、私・享安山人は所属する日本キリスト教会K教会の
「日曜学校」の教師の一人となります。

教師と言っても何ら報酬が出るわけではありません。
あくまで教会での奉仕です。
日曜学校は、教会員の子女を良きキリスト教徒となるように
主の御導きの下に教育する場であり、
またキリスト教徒でない子供たちをも主の御許に導く一助となる場でもあります。
私の奉仕は、日曜学校礼拝での司会になります。

ただ現実は、近隣のとあるミッションスクールから「宗教」の授業の課題として
やってくる子供たちが圧倒的に多い我がK教会の日曜学校。

「無宗教」極めて曖昧な無神論が主潮の我国です。
「神さまなんて信じるのは馬鹿馬鹿しい」と内心思う子供達が多数でありましょう。
それがたとえミッションスクールの子供達であっても。

そんな中での日曜学校です。その場での奉仕です。

実は余り深刻に考えずに自ら申し出た奉仕です。
自分の言動が或いは子供達をつまづかせてしまったら、との怖れがあります。
我身を省みればまさしく「罪人の頭」であります。
怯惰と穢れに満ちている身です。
嘗て内村鑑三は己の罪深さに悩み苦しんでいる時、
アマースト大学のシーリー学長からこう言われたそうです。
「君は何故自分の身ばかりを見て、十字架上のキリストを仰ぎ見ないのか」と。

主なる神に憐れみを祈り求めます。

« ある絵を観て 神を棄てられなかった絵師 | トップページ | 三笠宮家の寛仁親王殿下が薨去されました »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

釈迦に説法、享安山人さんにカール・バルトですが、バルトは(神について考えるのに)「宗教」という言葉を使うのが、いけないのだ、と、どこかで書いてました。

最近、ふと思い出して、あらためて感じ入ってます。お元気で 「先生」なさって下さい。

キリスト教ほどバカバカしい宗教はない。「原罪」だの「三位一体」だの、まともな頭の持ち主なら到底理解不能の教えである。しかも「救世主」とされる「ナザレのイエス」自身、歴史上実在せず、後世のキリスト教徒によってねつ造されたものである。キリスト教を信じることは、一生を棒に振ることである。

レッドバロンさん、こんばんは。私の属するK教会で最初に伝道された女性牧師さん(もう90歳を越えられているはずです)が、半年ほどですが留学してカール・バルトに師事したことがありました。バルト先生の著作、説教の翻訳もされています。しかし、バルト先生の著作は素晴らしいですが難解ですね・・・。「元々のドイツ語の文章がそうなっているから仕方ない」とどなたが言われていました。雄々しくナチズムに立ち向かったバルトのような生き方が出来るようにと願います。

今日はなんとか司会の奉仕を終えました。緊張と言葉のとちりの連発でしたが、誠心誠意務めたつもりです。

励ましのお言葉、ありがとうございます。レッドバロンさんにもどうかお元気で。

無記名で投稿された方へ。

あなたによる陛下や皇族方への非礼極まりない文章は削除しました。

古くから主イエス・キリストの非実在論に拠る基督教否定はありました。幸徳秋水が獄中で記した『基督抹殺論』などです。学術論は今する気はありませんが、私は主の御実在を信じます。2000年前に古代ユダヤの地に生誕され、そして十字架上で死に就き給うたナザレのイエスが在したことを。そして主は3日の後復活され、今も私たちと共にいてくださるとも信じます。キリスト教の信仰なくして享安山人という人間は有り得ません。果てしない懐疑と不信の末虚無的で破壊的なことのみを考える無神論者になるよりは生涯を通じて信仰を保って生きていくことを(信仰を与えてくださるのは主なる神御自身ですが)私は選びます。

歴史上、あなたのような数多のキリスト教否定者が主の御恵みによりそのキリスト教信仰に招き入れられました。他ならぬ私がその一人であり、尊敬する内村鑑三もその一人でした。主の御恵みがありますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教会の日曜学校の教師の一人になります:

« ある絵を観て 神を棄てられなかった絵師 | トップページ | 三笠宮家の寛仁親王殿下が薨去されました »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ