最近のトラックバック

« 敢えて「韓流批判」について ただ自己研鑽に努めるべし | トップページ | 再論「嫌なら見るな」は正しいのか »

終戦記念日

今日の正午、
天皇皇后両陛下が全国戦没者追悼式で
戦没者の霊前に立たれるのと共に、私も
ひとりの基督教徒として主なる神に祈りを捧げた。

主が先の戦争で亡くなったあらゆる人々を憐れみ慈しんでくださるように、
我国の、我が民族の、私の犯した過ちを御赦しくださるようにと。

黙祷の後水を飲んでいて想起したのが皇后陛下の次の御歌である。

慰霊地は今安らかに水をたたふ如何ばかり君ら水を欲りけむ
(硫黄島)

「如何ばかり君ら水を欲りけむ」
私が今すぐに得られるささやかな生活の楽しみを
どれだけ戦没した方々が望んで得られなかったかを思う。

主が亡き人々を慈しんでくださるように、御許で憩わしめてくださるよう
祈ってやまない。

« 敢えて「韓流批判」について ただ自己研鑽に努めるべし | トップページ | 再論「嫌なら見るな」は正しいのか »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日:

« 敢えて「韓流批判」について ただ自己研鑽に努めるべし | トップページ | 再論「嫌なら見るな」は正しいのか »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ