最近のトラックバック

« 学生時代からの知友より久しぶりに連絡が | トップページ | 天皇陛下 満77歳に »

教会のクリスマス礼拝日

今日は私の教会のクリスマス礼拝日でした。
12月25日がクリスマスですが、私の教会では日曜礼拝を重んじて
19日を礼拝日としています。26日をクリスマス礼拝日とする教会もあります。

牧師は今日の説教で、K教会を創設された牧師の言葉を引用し
「日本のクリスマスにはキリストがおられない。マス=祝祭があるだけです」
と述べておられました。同感です。

世間では幸福感を強調する宣伝に満ち溢れています。
しかし、多くの人が幸福に浸りつつも何がめでたいのか分からない、
知ろうとも思わない、
それが今の日本のクリスマスでしょう。
「ケーキを囲んだ幸せ一杯の家族やイルミネーションに見とれるカップル」
といった情景だけがクリスマスではありません。

「クリスマス?知ったことじゃない」という心境の人々は数多いるはずです。
日本は無論、全世界に。

私は信じています。
主イエス・キリストはそういう人々とこそ共にいて下さっていると。
困苦に、或いは罪悪に苦しんでいる人々の為に
主は降誕されたのです。

幸せな人々も無論また主の御慈愛の中にあります。
しかし、その幸福感が他者への無関心や蔑みを内包しているのであれば
主はそのような心を嘉せられないでしょう。
他者を蔑むのも、逆に嫉むのも罪です。

自分が幸福な時にはそうでない者を蔑み、
自分が不幸な時はそうでない者を嫉む。
主はそういうどうしようもない罪悪を抱え込んでいる私達の罪を
十字架上で贖う為に降誕されました。
そのことをここを御覧の皆様にお伝えしたいと思います。

主の御恵みが皆様一人一人にありますように。

« 学生時代からの知友より久しぶりに連絡が | トップページ | 天皇陛下 満77歳に »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教会のクリスマス礼拝日:

« 学生時代からの知友より久しぶりに連絡が | トップページ | 天皇陛下 満77歳に »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ