最近のトラックバック

« 教会で「現代における貧困の問題―キリスト教的視点から」と題して礼拝後勉強会を開きました 以下は私の作成した資料と草稿です | トップページ | 飛翔体 知らぬげに咲く 桜かな »

「下愚は移らず」 金正日とその徒党の愚劣さ

皆さん御承知の通り、北朝鮮がミサイルを発射しました。金正日は「瀬戸際外交の勝利」と喜んでいるかもしれませんが、一私人とはいえ私はほとほとあの国に愛想が尽きました「我が人民は飢えている」と言い、援助を諸外国に乞いながら、宇宙開発と称して軍拡にまさに狂奔する国。

子曰く、「下愚は移らず」。

ただ、一人の日本国民として、北の民衆には憎しみを向けないようにしたい。

« 教会で「現代における貧困の問題―キリスト教的視点から」と題して礼拝後勉強会を開きました 以下は私の作成した資料と草稿です | トップページ | 飛翔体 知らぬげに咲く 桜かな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

開発に2700億、発射に300億。300億は、北の民人を一年間食べさせうるとのことです。
ただ個人的な意見で言えば、これには裏があって、単純に、金の独裁なるが故とか、金のみを云々は、少し間違えるかもと想像します。裏には、何があるか分かりませんが、国際政治には結構いろんなものがからんでおるのではと思われます。
勿論金の独裁政治は、北の民人には苦難でしょうが、オバマも、麻生太郎も、純粋ではないとだけは想像できます。
アメリカは戦争なくしては経済が立たぬシクミとか、それに日本の権力者はアメリカの言うことを聞かねば失脚しやすいとかも言われますね。
かってはボルシェビキや、ヒットラーにも資金援助をした国際エスタブリッシュメント連、何を考えておるやら、マスコミに翻弄されるだけの日本では、よく見えないかとも想像されます。
ま、何はともあれ、ご精進あれ。

私はどうしてもあの国の狂信的な独裁体制にまず目がいってしまいますので、岩さんが指摘された複合的判断に欠ける面があります。北朝鮮は発射を直前に米中露には通告し、米国は韓国には知らせていたとか。そういうことをしっかり覚えておかねばなりませんね。我国の安全と東アジアの平和のためにどのような為政者を求めていけば良いのか浅学ながら考えていくつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「下愚は移らず」 金正日とその徒党の愚劣さ:

« 教会で「現代における貧困の問題―キリスト教的視点から」と題して礼拝後勉強会を開きました 以下は私の作成した資料と草稿です | トップページ | 飛翔体 知らぬげに咲く 桜かな »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ