最近のトラックバック

« 主の御許に召されたある魂 ロシアの文豪ソルジェニーツィン | トップページ | 学生時代の知友と3ヶ月ぶりに会う 授産施設の時給が99円に 私的近況その他 »

洛南の醍醐寺でお盆を過ごしました

先日15日、終戦の日でもあるこの日を、父と共に洛南の醍醐寺で過ごしました。去年は高野山金剛峰寺へ行ったのですが、今年は平安前期に建立されたこの寺を選びました。室町時代には光厳上皇の院宣を足利尊氏に伝達した三宝院賢俊、足利義持の相談役となり、六代将軍足利義教を籤で選ぶよう決めた満済准后など多くの「政僧」を生んだお寺でもあります。また、豊臣秀吉が晩年「醍醐の花見」を催した場所としても有名です。

暑い日でしたが、秀吉により寄進されたという三宝院境内の広い庭を眺めた後、金堂や、京都市内では最古の建造物という五重塔などを見学しました。綺麗なお寺で、境内も広かったのですが、この日は前述した著名人たちを偲ばせるものは見られず、寺の案内にも記述がなかったのは残念でなりません。日本史に大きな影響を及ぼした人々のことを、寺としてももっと広く伝えて然るべきかと思います。

« 主の御許に召されたある魂 ロシアの文豪ソルジェニーツィン | トップページ | 学生時代の知友と3ヶ月ぶりに会う 授産施設の時給が99円に 私的近況その他 »

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洛南の醍醐寺でお盆を過ごしました:

« 主の御許に召されたある魂 ロシアの文豪ソルジェニーツィン | トップページ | 学生時代の知友と3ヶ月ぶりに会う 授産施設の時給が99円に 私的近況その他 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ